2025.04.11
不動産ガイド

狭小住宅【成功事例】東京23区での実際の施工例10選!

狭小住宅【成功事例】東京23区での実際の施工例10選!

狭小住宅の魅力と実力を知っていますか?東京23区内での狭小住宅の成功事例を紹介します。都市部での住まい選びは、限られた土地をいかに有効活用するかが鍵です。ハイウィル株式会社は、創業大正八年からの長い歴史を持ち、リノベーションや水廻りリフォームを通じて多くの実績を誇ります。特に耐震性能や断熱性能の強化に力を入れており、住まいの安全性と快適性を高めることに注力しています。この記事では、東京23区内で実際に施工された狭小住宅の成功事例を10選ご紹介。限られたスペースを最大限に活かし、機能性とデザインを両立させた住まいづくりのアイデアが満載です。狭小住宅に興味がある方、リノベーションを考えている方はぜひ参考にしてください。

狭小住宅の魅力とデザイン

狭小住宅は、都市部で限られた土地を有効活用するための「住まいの選択肢」として注目されています。限られたスペースを最大限に活かすため、「機能的なレイアウト」や「収納の工夫」が求められます。例えば、階段下や壁面を活用した「収納スペース」や、オープンキッチンを採用することで、視覚的な広がりを持たせることが可能です。また、天井を高くすることで「縦方向の空間」を有効に使うことができます。デザイン面では、シンプルで洗練された「モダンなインテリア」が人気です。自然光を多く取り入れるための大きな窓や、白を基調とした「明るい色使い」が、狭小住宅をより広く感じさせるポイントです。狭小住宅は、工夫次第で快適な生活空間を提供することができる魅力的な住まいです。

狭小住宅の魅力を最大限に引き出すアイデア

狭小住宅の魅力を最大限に引き出すためには、空間の有効活用が鍵となります。まず、「多機能家具」を取り入れることで、限られたスペースを効率的に使えます。例えば、ベッド下に収納スペースを設けたり、折りたたみ式のテーブルを使うことが効果的です。また、壁面収納を活用することで、床面積を広げることができます。次に、自然光を最大限に取り入れるために、大きな窓を設置したり、鏡を使って光を反射させるアイデアも有効です。さらに、オープンキッチンや吹き抜けを設けることで、視覚的な広がりを演出できます。最後に、色の選び方も重要です。明るい色や中間色を使うことで、空間が広く感じられます。これらの工夫を取り入れることで、狭小住宅でも快適で魅力的な住まいを実現できます。

デザインラインナップ:個性豊かな狭小住宅のスタイル

狭小住宅のデザインラインナップには、さまざまな「個性豊かなスタイル」が存在します。まず、モダンスタイルはシンプルで洗練されたデザインが特徴です。ガラスや「金属素材」を多用し、開放感を演出します。次に、和風スタイルは「伝統的な日本の美」を取り入れ、畳や障子などが使われます。狭い空間でも「落ち着いた雰囲気」を作り出します。さらに、北欧スタイルは「木材」を多く使用し、温かみのある空間を提供します。明るい色調と「機能的な家具」が特徴です。最後に、インダストリアルスタイルは「工業的な要素」を取り入れ、レンガやコンクリートの壁がアクセントになります。各スタイルは、狭小住宅の限られたスペースを最大限に活用し、住む人のライフスタイルに合わせた「快適な住空間」を提供します。

狭小住宅の事例集:成功事例とそのポイント

狭小住宅の成功事例として、東京都渋谷区の「狭小住宅プロジェクト」が挙げられます。この住宅は、わずか20坪の敷地に建てられましたが、効率的な「空間設計」により、広々とした居住空間を実現しています。ポイントは、縦方向の「空間利用」と「収納スペース」の工夫です。例えば、リビングの天井を高くし、ロフトを設けることで「開放感」を演出しました。また、壁面収納や引き出し式の家具を活用することで、限られた空間を最大限に活用しています。さらに、自然光を取り入れるための大きな窓や「ガラス張りの壁」を採用し、明るく快適な住環境を提供しています。このような工夫により、狭小住宅でも快適に暮らせることが証明されました。

狭小住宅の建築に関するコラム

狭小住宅の建築は、限られた敷地面積を最大限に活用するための工夫が求められます。まず、空間の「有効利用」が重要です。例えば、収納スペースを壁面や階段下に配置することで、居住空間を広く保つことができます。また、天井を高くすることで視覚的な広がりを持たせることも有効です。さらに、自然光を取り入れるために大きな窓を設置し、明るい室内環境を実現することが推奨されます。狭小住宅では、デザインと機能性の両立が求められます。建築素材にもこだわり、断熱性能や耐震性能を高めることで、快適で安全な住まいを実現します。ハイウィル株式会社は、創業から100年以上にわたり、こうした狭小住宅のニーズに応えるための「リノベーション」を手掛けてきました。お客様の理想を形にするために、最適なプランを提案します。

防火地域でも安心!木造狭小住宅の可能性

防火地域での「木造狭小住宅」は、最新の建築技術により安全性が飛躍的に向上しています。特に、耐火性能の高い「建材」を使用することで、火災リスクを大幅に軽減します。さらに、狭小住宅は土地の有効活用が可能で、都市部での需要が高まっています。ハイウィル株式会社は、創業以来の豊富な経験を活かし、耐震性能や断熱性能を強化したリノベーションを提供しています。これにより、狭小住宅でも快適な住環境を実現。防火地域でも安心して暮らせる「木造狭小住宅」の可能性は無限大です。

賃貸併用狭小住宅の建築費とコスト削減のポイント

賃貸併用狭小住宅の建築費は、一般的な住宅よりも高めになることが多いです。理由として、狭い敷地に効率よく「空間」を配置するための設計や施工技術が必要となるからです。特に「都市部」では土地の価格も高く、建築費全体に影響を与えます。コスト削減のポイントとしては、まず「設計段階」でのプランニングが重要です。多機能な「収納」や「共有スペース」を設けることで、無駄なスペースを削減できます。また、複数の業者から「見積もり」を取ることで、適正価格を把握し、交渉の材料にすることができます。さらに、建築資材を「一括購入」することでコストを抑える方法も有効です。最後に、長期的な視点で「メンテナンス費用」も考慮し、耐久性の高い材料を選ぶことが推奨されます。

狭小住宅のキッチンレイアウト&収納術

狭小住宅のキッチンレイアウトでは、まず「動線」を重視し、効率的な作業スペースを確保することが重要です。L字型やI字型のレイアウトは、限られたスペースを有効に活用できるためおすすめです。さらに、収納術としては「吊り戸棚」や「引き出し式収納」を活用し、上部や下部のスペースを最大限に利用しましょう。壁面収納も有効で、フックやマグネットを使って調理器具を「壁」に掛けることで、作業スペースを広く保つことができます。また、スライド式の棚や引き出しを取り入れることで、奥行きのある収納スペースを効率的に使えます。狭小住宅でもアイデア次第で快適なキッチン空間を実現できます。

狭小住宅の間取りのコツ:部屋を広く見せる方法

狭小住宅の間取りを工夫することで、部屋を広く見せることが可能です。まず、壁や天井の色を「明るい色」にすることが効果的です。白やパステルカラーは、空間を広く感じさせる効果があります。また、鏡を適切に配置することで、視覚的に空間を広げることができます。例えば、ダイニングテーブルの近くに大きな鏡を置くと、部屋全体が広く見えるでしょう。

収納スペースも重要です。「壁面収納」を活用することで、床面積を有効に使えます。例えば、天井までの高さを利用した棚やクローゼットを設けると、物が散らかりにくくなります。さらに、家具の選び方にも工夫が必要です。多機能家具や折りたたみ家具を選ぶことで、使用しない時はコンパクトに収納できます。

最後に、自然光を活用することも忘れずに。大きな窓やガラスドアを設置することで、外の景色が部屋に取り込まれ、広がりを感じさせます。これらの工夫を取り入れることで、狭小住宅でも快適な生活空間を実現できます。

狭小住宅の開口部を大きく設けるメリット

狭小住宅において、開口部を大きく設けることには多くのメリットがあります。まず、自然光の取り入れが増え、室内が明るくなります。これにより、日中は照明を使わずに済むため、エネルギーコストの削減にもつながります。また、広い開口部は視覚的な広がりを生み出し、実際の面積以上に空間を広く感じさせる効果があります。さらに、風通しが良くなることで、室内の空気が新鮮に保たれ、健康的な住環境が実現します。

一方で、防犯やプライバシーの確保も重要です。大きな窓やガラスドアを設ける際は、防犯ガラスや遮光カーテンの設置を検討すると良いでしょう。これらの工夫により、快適で安全な住まいが実現します。狭小住宅のリノベーションを考える際には、開口部の設計に注力することが、住まいの質を大きく向上させるポイントとなります。

狭小住宅の収納対策:限られたスペースを有効活用

狭小住宅における収納対策は、限られたスペースを最大限に活用するための工夫が求められます。まず、壁面や天井を活用した「収納棚」を設置することで、床面積を節約しながら収納スペースを確保できます。また、階段下のデッドスペースを「引き出し収納」や「クローゼット」として活用するアイデアも有効です。家具選びも重要で、例えばベッド下に「引き出し収納」を備えたものや、ソファの下に「収納ボックス」を置くことで、見た目もすっきりと保てます。さらに、キッチンやバスルームでは「吊り下げ収納」や「壁掛け収納」を導入することで、作業スペースを広く保ちながら必要な道具を手元に置けます。狭小住宅でも快適に過ごすためには、収納方法を工夫し、スペースを無駄なく使うことが大切です。

狭小住宅の建築費用とその内訳

狭小住宅の建築費用は、土地の「取得費用」、設計費、建設費、その他の諸費用に分けられます。まず、土地の取得費用は立地や広さによって大きく変動します。次に、設計費は建築士に依頼する場合の費用で、一般的に総工費の10%前後が目安です。建設費は「施工会社」によるもので、選ぶ「建材」や「設備」によって大きく異なります。狭小住宅は限られたスペースを有効に活用するため、特殊な設計や工法が必要になることが多いです。その他の諸費用には、登記費用や「税金」、保険料などが含まれます。これらの費用を総合的に考慮することで、狭小住宅の「総予算」を正確に把握することができます。

狭小住宅の具体的な事例と間取り

狭小住宅の具体的な事例として、東京の「文京区」にある20坪の住宅があります。この住宅は、縦に長い敷地を最大限に活用するため、3階建ての構造となっています。1階は「リビング」と「ダイニング」を一体化し、広々とした空間を実現。2階には「子供部屋」が2つあり、それぞれに十分な収納スペースが確保されています。3階には「主寝室」と「バスルーム」が配置され、プライバシーを重視した設計となっています。さらに、屋上には小さな「ガーデンテラス」が設けられ、都会の喧騒を忘れさせる癒しの空間を提供しています。このように、狭小住宅でも工夫次第で快適な生活空間を実現することができます。

おしゃれな狭小住宅の実例

狭小住宅でもおしゃれな空間を実現するための工夫が求められます。例えば、東京都内にある「狭小住宅」では、縦方向の空間を活用し、吹き抜けやロフトを設けることで開放感を演出しています。また、収納スペースを壁面に組み込むことで、限られた床面積を有効に使うことが可能です。さらに、自然光を取り入れるために大きな窓を設置し、明るく広がりのある空間を作り出すことも重要です。インテリアにはシンプルで機能的なデザインを採用し、家具の配置や色使いにも工夫を凝らしています。特に、白や淡い色を基調とすることで、部屋全体が広く感じられる効果があります。これらの工夫により、狭小住宅でも快適でスタイリッシュな住まいを実現できます。

7坪から15坪までの狭小住宅の事例紹介

狭小住宅の魅力はそのコンパクトさにあります。例えば、東京都世田谷区にある「7坪」の住宅は、限られたスペースを最大限に活用するために、ロフトや多機能家具を取り入れた設計が特徴です。一方、15坪の住宅では、リビングとダイニングを一体化させることで広がりを感じさせる工夫が施されています。ハイウィル株式会社は、これらの狭小住宅に対して「断熱性能」や「耐震性能」を向上させるリノベーションを行い、住み心地を大幅に改善しています。特に「水廻りリフォーム」では、最新の設備を導入することで、快適な生活空間を提供しています。狭小住宅でも、創意工夫次第で快適な住まいが実現できるのです。

狭小住宅の間取り例:快適に過ごすための工夫

狭小住宅で快適に過ごすためには、間取りの工夫が重要です。まず、リビングとダイニングを一体化することで、広々とした空間を実現できます。さらに、壁面収納を活用することで、収納スペースを確保しつつ、部屋をスッキリと保つことが可能です。狭小住宅では、階段下や「デッドスペース」を有効活用することも大切です。例えば、階段下に収納を設けることで、無駄なスペースを有効に使えます。また、スライド式の扉や引き戸を採用することで、開閉時のスペースを節約できます。最後に、窓の配置にも工夫を凝らし、自然光を多く取り入れることで、明るく開放感のある住まいを実現しましょう。

狭小住宅の階段デザイン

狭小住宅における階段デザインは、限られたスペースを有効に活用するための重要な要素です。特に「スリムな階段」や「折り返し階段」は、狭い空間でも快適に移動できる設計が求められます。階段下のスペースを「収納スペース」として活用することも可能で、デッドスペースを減らし、機能的な住まいを実現します。また、透明な「ガラス手すり」や「スケルトン階段」を採用することで、視覚的な広がりを持たせることができます。さらに、素材選びも重要で、木材や金属など異なる素材を組み合わせることで、デザイン性と耐久性を両立させることが可能です。狭小住宅の階段デザインは、住まい全体の雰囲気を大きく左右するため、慎重に計画することが大切です。

狭小住宅のLDKの配置と工夫

狭小住宅の「LDK」の配置には、いくつかの工夫が必要です。まず、オープンキッチンを採用することで、視覚的な広がりを持たせることが可能です。家具の配置も重要で、ソファやダイニングテーブルを壁際に配置すると、中央に広いスペースが生まれます。さらに、収納スペースを効率的に活用するために、壁面収納や吊り戸棚を取り入れるとよいでしょう。照明も工夫の一つで、間接照明を用いることで、空間をより広く感じさせることができます。最後に、色使いも考慮しましょう。明るい色を基調とすることで、狭い空間でも開放感を演出できます。これらの工夫を取り入れることで、狭小住宅でも快適な「LDK」を実現できます。

狭小住宅の窓の設計ポイント

狭小住宅における「窓の設計」は、快適な住環境を実現するための重要な要素です。まず、採光を最大限に活かすために、窓の位置とサイズを工夫することが求められます。例えば、天井近くに高窓を設けることで、自然光を効果的に取り入れることができます。さらに、プライバシーを確保するために、すりガラスやカーテンを活用するのも有効です。

また、狭小住宅では通風も重要なポイントです。対角線上に窓を配置することで、空気の流れをスムーズにし、室内の換気を促進します。加えて、開閉が容易な「引き違い窓」や「ルーバー窓」を選ぶことで、スペースを有効に活用できます。

断熱性能の向上も見逃せません。窓ガラスに断熱性の高い「複層ガラス」を採用することで、エネルギー効率を高め、快適な室内環境を維持できます。これらの設計ポイントを押さえることで、狭小住宅でも快適な住まいを実現することができます。

狭小住宅を建てる際の注意点

狭小住宅を建てる際には、まず「土地の形状」に注意が必要です。狭い土地では、建物の設計が制約されるため、効率的なレイアウトが求められます。また、日当たりや風通しを確保するために、「窓の配置」や「採光計画」も重要です。さらに、収納スペースを有効に活用するために「収納計画」をしっかりと練ることが大切です。狭小住宅では、特に「階段の設計」が重要で、スペースを無駄にしない工夫が求められます。加えて、プライバシーを守るために「隣接する建物との距離」や「目隠し」の設置も検討しましょう。最後に、耐震性能や断熱性能の向上も忘れずに、建物全体の「性能向上リノベーション」を行うことが望ましいです。狭小住宅でも快適に暮らせる工夫を凝らすことで、理想の住まいを実現できます。

狭小住宅の建築費が高くなる理由

狭小住宅の建築費が高くなる理由は複数あります。まず、敷地が狭いため「設計」が複雑になります。限られたスペースを最大限に活用するため、特別な設計が必要です。次に、敷地が狭いと「施工」の難易度が上がり、工事期間も長くなることが多いです。また、狭小住宅では「建材」や「設備」にも工夫が求められ、高品質な材料を使用することが多いため、コストが上がります。さらに、都市部に多い狭小住宅は「土地の価格」が高い傾向があります。これらの要因が重なり、結果として建築費が高くなるのです。狭小住宅を選ぶ際には、これらのコスト要素を十分に理解し、予算を計画することが重要です。

狭小住宅を建てる際の注意点と対策

狭小住宅を建てる際には、まず「土地の有効活用」が重要です。限られたスペースを最大限に活用するためには、設計段階から綿密な計画が必要です。例えば、縦の空間を有効に使う「スキップフロア」や「ロフト」を取り入れることで、狭さを感じさせない工夫ができます。また、収納スペースを確保するために壁面収納や床下収納を活用することも有効です。さらに、日当たりや風通しを良くするために「大きな窓」や「吹き抜け」を設けることも検討しましょう。これにより、室内の明るさと開放感が増し、狭小住宅でも快適に過ごせます。最後に、耐震性能や断熱性能を高めるために「最新の建築技術」を取り入れることも忘れずに。これにより、安全で快適な住まいが実現します。

狭小住宅の相場と費用計画の立て方

狭小住宅の相場は、地域や立地条件に大きく左右されます。東京都心部では、土地の価格が高いため、狭小住宅でも「高額」になることが多いです。一方、郊外や地方都市では、比較的「安価」に購入可能です。費用計画を立てる際には、まず土地の購入費用を見積もり、その後建築費用を加味します。建築費用には、設計費、建材費、施工費などが含まれます。さらに、リフォームやリノベーションを検討する場合、耐震性能や断熱性能の強化も考慮する必要があります。これにより、長期的な「住み心地」を向上させることができます。予算オーバーを防ぐためにも、専門家に相談し、詳細な見積もりを取得することが重要です。

狭小住宅のエリア別情報

狭小住宅は、都市部で特に人気があります。東京都内では、渋谷区や新宿区などの「中心部」に多く見られます。これらのエリアは「交通の便」が良く、都心へのアクセスが便利です。大阪市内では、中央区や北区が狭小住宅の「需要」が高いです。これらの地域は「商業施設」や「飲食店」が充実しており、生活の利便性が高いです。

また、京都市内では、上京区や左京区に狭小住宅が多く存在します。これらのエリアは「歴史的建造物」が多く、観光客にも人気です。狭小住宅は土地の有効活用を図るため、「デザイン性」に優れた物件が多いです。各エリアごとに異なる魅力があり、住む人のライフスタイルに合わせた選択が可能です。

エリア別で見る狭小住宅の特徴

東京都心部では、狭小住宅が特に多く見られます。土地の価格が高いため、限られたスペースを最大限に活用する設計が求められます。例えば、縦に長い「スキップフロア」や「ロフト」を活用することで、居住空間を広げる工夫がされています。大阪市内でも同様に狭小住宅が多く、特に「商店街」や「駅近」のエリアでは、土地の有効活用が重要です。福岡市では、都市部から少し離れたエリアでも狭小住宅が見られ、庭付きの「平屋」や「二階建て」が人気です。これらの住宅は、限られた土地で快適な生活を送るための工夫が凝らされています。各エリアごとの特徴を理解することで、自分に合った狭小住宅を見つける手助けになります。

狭小住宅の資料請求:テーマ別カタログ

狭小住宅の資料請求をする際には、テーマ別カタログが非常に役立ちます。例えば、「収納術」や「空間活用」などのテーマに特化したカタログを入手することで、自分のニーズに合った情報を効率的に集めることができます。ハイウィル株式会社では、狭小住宅向けのリノベーションや「水廻りリフォーム」に関する資料も提供しており、具体的な事例や施工のポイントが詳しく記載されています。資料請求は、オンラインで簡単に行えるため、忙しい方でも手軽に利用できます。狭小住宅の「耐震性能強化」や「断熱性能の向上」に関する情報も充実しており、住まいの性能を高めるための具体的なアドバイスが得られます。テーマ別カタログを活用して、理想の住まいを実現するための第一歩を踏み出しましょう。

狭小住宅のオーナーの声

私たちの狭小住宅を選んだ理由は、都心に近い立地と「コストパフォーマンス」の良さでした。初めは狭さに不安もありましたが、実際に住んでみるとその魅力に気づきました。リビングとキッチンを一体化することで、広さを感じられる工夫がされています。また、収納スペースを工夫することで、限られた空間を有効活用しています。さらに、ハイウィル株式会社の「リノベーション」サービスを利用し、断熱性能や耐震性能を向上させることで、快適な住環境を実現しました。狭小住宅でも、しっかりとした設計とリフォームによって、快適に暮らせることを実感しています。

狭小住宅のオーナーが語る住み心地と満足度

狭小住宅のオーナーとして、私は「限られたスペース」を最大限に活用する生活を楽しんでいます。狭いながらも、「収納」を工夫することで、驚くほど快適な住環境を実現できました。特に「家具」の配置や「多機能な収納アイテム」の導入が鍵となります。狭小住宅は、掃除が簡単で「維持費」が抑えられる点も魅力です。

また、狭小住宅は「都心」に住むための絶好の選択肢です。通勤時間が短縮され、生活の質が向上しました。さらに、狭小住宅の「デザイン」や「インテリア」にこだわることで、個性的で居心地の良い空間を作り出せます。狭さを感じさせない工夫を凝らすことで、満足度は非常に高いです。

住み心地に関しては、初めは不安もありましたが、適応するのに時間はかかりませんでした。むしろ、狭小住宅のコンパクトさが生活をシンプルにし、ストレスが減りました。結果として、狭小住宅には多くのメリットがあると実感しています。

最新ニュースとスタッフの紹介

ハイウィル株式会社では、最新の「狭小住宅」向けリノベーション技術を導入しました。特に、限られたスペースを最大限に活用するためのアイデアが豊富です。例えば、収納スペースの確保や、効率的な動線設計など、生活の質を向上させる工夫が満載です。スタッフ紹介では、リノベーション部門のリーダーである佐藤健一が登場。彼は10年以上の経験を持ち、数多くの狭小住宅プロジェクトを手掛けてきました。お客様のニーズに応じたカスタマイズ提案が得意で、特に「耐震性能強化」や「断熱性能の向上」に関する知識が豊富です。最新のプロジェクトでは、築50年の狭小住宅を現代の快適な住まいに生まれ変わらせました。ハイウィルのスタッフ全員が一丸となって、お客様の夢を実現するために日々努力しています。

狭小住宅に関する最新ニュース

狭小住宅の需要が増加する中、最新のトレンドとして「性能向上リノベーション」が注目されています。特に東京などの都市部では、土地の限られたエリアで効率的にスペースを活用するためのリノベーションが求められています。ハイウィル株式会社は、創業大正八年からの長い歴史を持ち、耐震性能や断熱性能の強化を行うことで、狭小住宅でも快適な住環境を提供しています。最近の事例では、狭小地に建つ一戸建て住宅の耐震補強や水廻りリフォームが話題となっており、住まいの安全性と快適性を兼ね備えたリノベーションが評価されています。狭小住宅の限られたスペースを最大限に活用するためのアイデアや工夫が求められ、ハイウィルの専門知識が役立っています。狭小住宅のリノベーションに関する最新ニュースをチェックして、理想の住まい作りを実現しましょう。

狭小住宅の専門スタッフ紹介

狭小住宅の専門スタッフは、限られたスペースを最大限に活用するためのプロフェッショナルです。創業大正八年のハイウィル株式会社が誇る「刈田知彰」は、中古戸建仲介経験15年以上の宅地建物取引士であり、狭小住宅の設計・リノベーションにおいて豊富な知識と実績を持ちます。彼らは耐震性能強化や断熱性能の向上を主な業務とし、地元民からの熱い信頼を築いてきました。特に、性能向上リノベーションにおいては、従来型の改装とは一線を画し、住まいの快適性と安全性を高めることに注力しています。狭小住宅のリフォームでは、収納スペースの工夫や動線の最適化を通じて、限られた空間を有効に活用する提案を行います。ハイウィルの専門スタッフは、お客様の理想の住まいを実現するために、日々努力を惜しみません。
 

おすすめコラムはこちら

新築祝いの相場と予算設定 中古住宅の場合は?|お役立ちコラム|東京中古一戸建てナビ (chukokodate.com)

印紙ってなに?|お役立ちコラム|東京中古一戸建てナビ (chukokodate.com)

東京都港区の魅力と住みやすさ:治安と家賃相場を徹底比較!|お役立ちコラム|東京中古一戸建てナビ (chukokodate.com)


著者情報

宅地建物取引士 刈田 知彰

      (かりた ともあき)

ハイウィルでは主に不動産の仲介をさせて頂いております。刈田です。

私が不動産業界に飛び込んでから早16年が過ぎました。最初に入社した会社は新築マンション・新築戸建ての企画・開発・販売までを行う会社でした。そこで新築マンションや新築戸建てのノウハウを学び営業してきました。当時の私は何の考えもなしに、中古は「保証もないし」「リスクが高い」と中古のデメリットのみを説明する営業ばかりをしてきました。あるとき自分の間違えを受け入れ、これからの日本は新築住宅が脚光を浴びるのではなく中古流通×性能向上リノベーションが日本の住宅市場のスタンダードになっていくと確信し、現在は大正八年創業のハイウィル株式会社で中古流通×性能向上リノベーションをメインに物件のご紹介をさせて頂くようになりました。とはいえ今はその狭間の時代となり、新築住宅も中古住宅どちらにも重要があり、ご紹介させて頂いております。

新築戸建てから中古戸建てのことならなんでもご相談ください!

著者情報 刈田知彰

「性能向上リノベーション」をこれからされる方は「増改築.com」へ
増改築.comでは買ってはいけない中古住宅と買っていい中古住宅とは?|戸建フルリフォームなら増改築.com® (zoukaichiku.com)を解説しております。

 

会員様限定の「非公開不動産」を閲覧したい!カンタン無料会員登録

現在127件ご紹介可能!

売主様のご要望で一般には公開していない
「非公開不動産」を会員様だけに限定公開しています。

今すぐ無料会員登録