2025.01.31
不動産ガイド

中古住宅はどこで買う?選び方と注意点を徹底解説【初心者必見】

中古住宅はどこで買う?選び方と注意点を徹底解説【初心者必見】

中古住宅の購入を検討中の皆さん、こんにちは。「東京中古一戸建てナビ」の管理人、刈田知彰です。創業大正八年のハイウィル株式会社で15年以上にわたり中古戸建の仲介を担当してきた私が、初心者の方にも分かりやすく中古住宅の選び方と注意点を徹底解説します。

中古住宅は新築に比べて価格が抑えられるため、特に初めてのマイホーム購入を考えている方にとって魅力的な選択肢です。しかし、購入前には多くのポイントを確認しなければなりません。物件の状態や周辺環境、法的な問題など、見落としがちな点も多いです。このブログ記事では、初心者の方が安心して中古住宅を選ぶための具体的な方法と注意点を詳しく解説します。これから中古住宅を購入しようと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

中古住宅購入の流れと注意点

中古住宅を購入する際には、まず「予算」を設定し、次に自分の希望するエリアや物件の条件を明確にすることが重要です。多くの方が「不動産会社」を通じて物件を探しますが、インターネットや「不動産情報サイト」も有効な手段です。物件を見つけたら、内見を行い、建物の状態や周辺環境を確認します。

契約前には「重要事項説明」を受け、物件の詳細や法律的な事項を理解することが求められます。また、住宅ローンを利用する場合は、事前に「金融機関」との相談を行い、ローンの審査を受ける必要があります。契約後には「手付金」を支払い、最終的な引き渡しまでに必要な手続きを進めます。

中古住宅購入の注意点としては、リフォーム費用や「修繕費用」を考慮に入れることが挙げられます。さらに、物件の「耐震性」や「断熱性能」も確認しておくと安心です。中古住宅購入は新築と異なり、物件ごとに状態が異なるため、慎重な判断が求められます。

中古住宅の購入手続き一覧

中古住宅を購入する際の手続きは、いくつかの重要なステップを踏む必要があります。まず、購入を検討する「中古住宅」を選びます。次に、不動産会社や「宅地建物取引士」のサポートを受けながら、物件の現地見学を行います。物件が決まったら、売主との間で価格交渉を行い、条件が整えば「売買契約」を締結します。この際、手付金の支払いも必要です。契約後は、住宅ローンの審査を受け、承認されれば「残代金」の支払いと同時に「所有権移転登記」を行います。最終的には、物件の引き渡しが完了し、新しい住まいでの生活がスタートします。中古住宅の購入は、慎重な手続きと専門家のアドバイスを受けることが成功の鍵です。

中古住宅購入の注意点チェックリスト

中古住宅を購入する際には、いくつかの「注意点」をしっかりと確認することが重要です。まず、物件の「所在地」と「周辺環境」を調査しましょう。交通の便や生活施設の充実度は、日常生活の快適さに直結します。また、建物の「構造」や「築年数」、「耐震性」も確認が必要です。特に「耐震基準」が改正された1981年以降の建物であるかどうかは重要なポイントとなります。

次に、物件の「内部状態」をチェックします。壁や床の「傷み具合」、水回りの「劣化状況」、電気配線の「安全性」など、専門家に「インスペクション」を依頼すると安心です。そして、「法的な問題」も見逃せません。建築基準法や都市計画法に違反していないか、また「権利関係」がクリアであるかを確認しましょう。

最後に、「価格」と「ローン条件」を比較検討します。市場価格と比較して適正か、ローンの金利や返済条件は無理がないかを確認することが大切です。以上のポイントを押さえて、後悔のない中古住宅購入を目指しましょう。

不動産会社の選び方とその重要性

中古住宅を購入する際、不動産会社の選び方は非常に重要です。まず、信頼性の高い「宅地建物取引士」が在籍しているかどうかを確認しましょう。次に、会社の「実績」や「口コミ」を調査し、過去の取引事例や顧客の評価を参考にすることが大切です。さらに、地域に詳しい不動産会社を選ぶことで、適切な物件情報を得ることができます。また、契約前には「重要事項説明」をしっかりと受け、疑問点を解消することが不可欠です。これにより、安心して中古住宅を購入することが可能となります。

不動産会社の選択基準とその理由

不動産会社を選ぶ際の基準は、信頼性と「実績」が重要です。まず、創業年数や取引件数を確認し、長年の経験を持つ会社を選ぶと安心です。次に、宅地建物取引士の資格を持つ担当者がいるかどうかも重要なポイントです。資格を持つ担当者がいることで、法的なトラブルを避けることができます。

また、「口コミ」や評判も選択の基準になります。インターネット上のレビューや知人の紹介を参考にすることで、実際のサービスの質を把握できます。さらに、地元に強い不動産会社を選ぶことも大切です。地域の「市場動向」や物件情報に詳しいため、適切なアドバイスが得られます。

最後に、手数料やサービス内容を比較することも忘れずに。手数料が高すぎる場合は、他の会社と比較してみるとよいでしょう。これらの基準を満たす不動産会社を選ぶことで、中古住宅をどこで買うかの悩みも解消されるはずです。

良質な不動産会社の見分け方

中古住宅を購入する際、どこで買うかを決めるのは重要です。良質な不動産会社を見分けるポイントはいくつかあります。まず、会社の「実績」を確認しましょう。長い「営業歴」を持つ会社は信頼性が高いです。また、宅地建物取引士の「資格」を持つスタッフが多いかも重要です。次に、口コミや「評判」を調べることも大切です。実際の「取引事例」や「顧客の声」を参考にすると良いでしょう。さらに、現地を訪問して「対応」を確認することも忘れずに。親身になって相談に乗ってくれる会社は信頼できます。最後に、契約内容や「手数料」の透明性もチェックしましょう。明確な説明がある会社は安心です。これらのポイントを押さえれば、中古住宅を安心して購入できます。

不動産会社の選び方で避けるべき3つの行動

不動産会社を選ぶ際に避けるべき3つの行動について解説します。まず、「口コミ」だけを信じるのは危険です。口コミは参考になりますが、信頼性が必ずしも高いとは限りません。次に、「価格」だけで判断するのも避けるべきです。安い物件には理由があることが多く、後々のトラブルを避けるためにも、価格以外の要素も考慮することが重要です。最後に、契約内容をしっかり確認しないことは大きなリスクです。特に中古住宅を購入する際は、契約書の細かい部分までしっかりと確認し、不明点があれば必ず質問するようにしましょう。不動産会社選びは慎重に行い、信頼できる「専門家」の意見も参考にすることが大切です。

不動産会社の担当者の選び方

中古住宅を購入する際、「不動産会社の担当者の選び方」は非常に重要です。まず、信頼性のある会社を選ぶことが基本です。口コミや評判を確認し、実績のある担当者を探しましょう。「経験豊富な担当者」は、物件の詳細情報や市場動向について豊富な知識を持っています。また、お客様のニーズに合った物件を提案できる柔軟性も求められます。さらに、コミュニケーション能力が高い担当者は、購入プロセスをスムーズに進めるために不可欠です。質問や疑問に対して迅速かつ丁寧に対応してくれる担当者を選びましょう。最後に、契約書や重要事項説明書の内容をしっかりと説明してくれる担当者は、信頼度が高いです。中古住宅をどこで買うか迷った際は、これらのポイントを参考にして、最適な不動産会社の担当者を見つけてください。

信頼できる担当者の特徴7選

中古住宅を購入する際、信頼できる担当者を見つけることは非常に重要です。以下に、信頼できる担当者の特徴を7つ挙げます。

まず、担当者が「宅地建物取引士」の資格を持っているか確認しましょう。資格を持つことで、法的な知識や「契約」手続きに精通しています。次に、担当者の「経験年数」も重要です。長年の経験がある担当者は、トラブルに対する対応力が高いです。

担当者が「地域の市場」に詳しいことも大切です。地域の相場や環境についての知識が豊富であれば、適切なアドバイスをもらえます。また、担当者の「コミュニケーション能力」も見逃せません。質問に対して明確で迅速な回答があると安心です。

さらに、担当者が「誠実」であることも重要です。誠実な担当者は、物件の欠点も正直に伝えてくれます。担当者が「アフターフォロー」に力を入れているかも確認しましょう。購入後のサポートがしっかりしていると、長期的に安心です。

最後に、担当者の「口コミ評価」をチェックすることも忘れずに。過去の顧客からの評価が高い担当者は信頼できます。

担当者選びの手順とポイント

中古住宅を購入する際、担当者選びは非常に重要です。まず、信頼できる「不動産会社」を選ぶことが第一歩です。そのためには、口コミや評判をチェックしましょう。次に、担当者の「経験」と「知識」を確認することが大切です。特に中古住宅に関する専門知識が豊富な担当者を選ぶと安心です。また、担当者との「コミュニケーション」も重要なポイントです。質問に対して迅速かつ丁寧に答えてくれるかどうかを見極めましょう。さらに、担当者が物件の「現地調査」をしっかり行っているかも確認する必要があります。最後に、担当者の「提案力」も見逃せません。予算や希望条件に合った最適な物件を提案してくれるかどうかが決め手となります。これらのポイントを押さえて、信頼できる担当者を見つけましょう。

中古住宅購入の資金計画

中古住宅を購入する際の資金計画は、購入後の生活を安定させるために非常に重要です。まず、購入価格だけでなく、リフォーム費用や「仲介手数料」も考慮に入れる必要があります。リフォーム費用は物件の状態によって異なりますが、予算に余裕を持たせることが大切です。また、住宅ローンを利用する場合は、金利や返済期間をしっかりと比較検討し、自分に合ったプランを選びましょう。

次に、購入する場所も資金計画に大きく影響します。例えば、都心部と郊外では物件価格が大きく異なります。どこで買うかを決める際には、通勤や通学の利便性、周辺環境の治安や生活施設の充実度も考慮に入れましょう。これにより、生活の質を高めることができます。

最後に、予期せぬ出費に備えるための「緊急予備資金」を確保しておくことも忘れないでください。これにより、突発的な修繕費用やその他の予期せぬ出費にも対応でき、安心して中古住宅を購入することができます。

購入費用の見積もり方法

中古住宅を購入する際の費用見積もりは、初めての方には少し複雑に感じられるかもしれません。まず、物件価格だけでなく「諸費用」も考慮する必要があります。一般的に諸費用には「仲介手数料」、「登記費用」、「火災保険料」、「ローン保証料」などが含まれます。これらの費用は物件価格の約6%〜8%が目安です。

次に、物件をどこで買うかも重要です。立地条件や周辺環境、交通の便などを考慮し、購入後の生活をイメージすることが大切です。また、地域によっては固定資産税や都市計画税の差異もあるため、事前に確認しておくと良いでしょう。

さらに、リフォーム費用も見積もりに含めることを忘れないでください。中古住宅の場合、購入後にリフォームを行うことが多いため、その費用も事前に把握しておくことが重要です。リフォーム会社に複数の見積もりを依頼し、費用対効果を比較することをお勧めします。

最後に、購入費用の全体像を把握するために、信頼できる「不動産会社」や「金融機関」に相談し、詳細な見積もりを出してもらうことが重要です。プロのアドバイスを受けながら、安心して中古住宅の購入を進めましょう。

予想外の費用とその対策

中古住宅を購入する際、予想外の費用が発生することがあります。例えば、「リフォーム費用」はしっかりと計算に入れておかないと、後々の大きな出費となります。さらに、物件の「調査費用」や「登記費用」も見逃せません。これらの費用を事前に把握し、予算に組み込むことが重要です。また、中古住宅をどこで買うかも重要なポイントです。地域ごとの「相場」や「利便性」を調査し、自分のライフスタイルに合った場所を選ぶことが大切です。例えば、通勤や通学に便利な場所や、生活環境が整ったエリアを選ぶことで、後悔のない購入ができます。予想外の費用を避けるためには、信頼できる「不動産会社」に相談し、詳細な見積もりを取ることが有効です。これにより、安心して中古住宅を購入することができます。

中古住宅選びのポイント

中古住宅を選ぶ際のポイントは「立地条件」や「周辺環境」が重要です。まず、希望するエリアの「治安」や「交通アクセス」を確認しましょう。特に駅やバス停へのアクセスは生活の質に大きく影響します。次に、物件の「築年数」や「リフォーム履歴」をチェックすることが大切です。築年数が古い場合でも、しっかりとメンテナンスされている物件は安心です。また、近隣の「学校」や「商業施設」の有無も見逃せません。これらの施設が近くにあると、生活が便利になります。さらに、「耐震性」や「断熱性能」も確認することで、安心して長く住むことができます。最後に、実際に物件を見学し、「日当たり」や「風通し」などの居住環境を体感することが大切です。これらのポイントを押さえることで、自分に最適な中古住宅を見つける手助けとなるでしょう。

建物のチェックリスト

中古住宅を購入する際のチェックリストは、購入後のトラブルを避けるために非常に重要です。まず、建物の「外観」を確認することから始めましょう。外壁のひび割れや塗装の剥がれはないか、屋根の状態はどうかなどをチェックします。次に、「屋根裏」を確認します。雨漏りや断熱材の状態を見ておくと良いでしょう。「基礎部分」も重要です。ひび割れやシロアリの被害がないかを確認します。

内部に入ったら、「床下」を見ます。湿気がこもっていないか、カビの発生がないかをチェックします。「配管」や「電気配線」も見逃せません。古い配管や配線は将来的にトラブルの原因となることがあります。さらに、「窓やドア」の開閉がスムーズかどうかも確認しましょう。

最後に、「周辺環境」を見てください。近隣の騒音や交通の便、安全性なども重要なポイントです。これらのチェック項目をしっかりと確認することで、中古住宅の購入後に後悔することを避けられます。

間取りやリフォームの可能性

中古住宅を選ぶ際、間取りやリフォームの可能性は非常に重要な要素です。特に「中古住宅」を購入する場合、既存の間取りが自分たちのライフスタイルに合うかどうかを確認することが大切です。例えば、部屋の配置や広さ、収納スペースの有無などが考慮されます。また、リフォームの可能性も見逃せません。築年数が古い物件でも、リフォームを施すことで現代的で快適な住まいに変えることができます。リフォームの具体例としては、キッチンの改装やバスルームの更新、壁紙の貼り替えなどが挙げられます。さらに、リフォームの際には「耐震性」や「断熱性能」の向上も視野に入れると良いでしょう。中古住宅を「どこで買う」かも重要で、地域の特性や周辺環境、交通アクセスなども考慮する必要があります。適切な間取りとリフォームの計画を立てることで、中古住宅でも理想の住まいを実現することが可能です。

生活環境の確認ポイント

中古住宅を購入する際、生活環境の確認は非常に重要です。まず、周辺の「交通アクセス」をチェックしましょう。最寄り駅やバス停までの距離、運行本数、通勤・通学の利便性が生活の質に大きく影響します。次に、買い物環境も見逃せません。スーパーやコンビニ、ドラッグストアなど、日常の買い物が便利にできる場所が近くにあるか確認しましょう。また、教育環境も重要です。近隣の「学校」の評判や保育園、幼稚園の数もチェックポイントです。さらに、医療機関の充実度も確認が必要です。病院やクリニックが近くにあると安心です。最後に、治安や騒音問題も見逃せません。警察署のデータや地域の口コミを参考に、安心して暮らせる場所かどうかを判断しましょう。これらのポイントを押さえることで、満足度の高い中古住宅選びが可能になります。

中古住宅の内覧時に注意すべきこと

中古住宅の内覧時には、まず「建物の状態」を確認することが大切です。特に「基礎部分」や「外壁」にひび割れやシミがないかをチェックしましょう。また、「屋根」や「雨樋」も見逃せません。次に「内部の状態」を確認します。床や壁に「歪み」や「シミ」がないか、ドアや窓の開閉がスムーズかを確認してください。さらに、「設備」の状態も重要です。給湯器やエアコン、配管の劣化具合をチェックすることで、後々の「修繕費用」を予測できます。また、周辺環境も確認しておくべきポイントです。近隣の「騒音」や「交通量」、スーパーや病院などの「生活施設」の位置も考慮に入れてください。これらの点を総合的に判断することで、納得のいく中古住宅を見つけることができます。

建物の状態チェックのポイント

中古住宅を購入する際には、建物の状態チェックが重要です。まずは「外壁」を確認しましょう。ひび割れや塗装の剥がれがある場合、修繕が必要です。次に「屋根」の状態も見逃せません。瓦のずれや雨漏りの跡がないかチェックしてください。内部では「床」のきしみや傾きを確認し、シロアリの被害がないかも調べることが大切です。「水回り」も重要なポイントで、特に配管の劣化や水漏れがないかを確認しましょう。さらに「電気設備」も見ておくべきです。古い配線は火災の原因になることがあります。最後に「耐震性」を考慮し、築年数や構造を確認することで、安全な住まいを選ぶことができます。これらのポイントを押さえることで、中古住宅の購入において後悔しない選択が可能です。

売り出し理由の確認方法

中古住宅を購入する際、売り出し理由を確認することは非常に重要です。まず、売主に「なぜ売却するのか」を直接尋ねることが基本です。売主が転勤や家族構成の変化など、やむを得ない理由で売却する場合、物件自体に問題がない可能性が高いです。また、近隣環境や治安に関する情報も得られることがあります。

次に、不動産仲介業者を通じて情報を収集する方法も有効です。業者は「売主の背景」や「物件の履歴」について詳しい情報を持っていることが多いです。さらに、売り出し理由が曖昧な場合、過去の修繕履歴や「近隣住民の評判」を調べることで、物件の潜在的な問題を見つけることができます。

最後に、インターネットでの調査も欠かせません。物件の所在地をGoogleマップで確認し、周辺の環境やアクセスをチェックすることができます。「中古住宅」を購入する際は、これらの方法を駆使して売り出し理由をしっかり確認しましょう。

中古住宅購入後の失敗例と対策

中古住宅を購入する際、立地や物件の状態を十分に確認しないと後悔することがあります。例えば、駅から遠い場所にある物件を選んでしまい、通勤や買い物が不便になるケースがあります。また、築年数が古い住宅は「リフォーム」費用がかさむこともあります。中古住宅を購入する際には、事前に「専門家」による建物診断を受けることが重要です。さらに、近隣の環境や治安も確認しておくと安心です。物件の「価格」だけでなく、総合的な視点で判断することが大切です。中古住宅をどこで買うかを考える際には、信頼できる不動産会社を選び、詳細な情報を提供してもらうことが成功の鍵です。

中古住宅購入のメリットとデメリット

中古住宅を購入する際のメリットとデメリットについて考えてみましょう。まず、「中古住宅」の最大のメリットは価格が新築に比べて安いことです。これは多くの人が予算内で理想の住まいを手に入れるための大きな魅力です。また、築年数が経っているため、地域の「環境」や「近隣のコミュニティ」が既に確立されている点も安心です。さらに、リノベーションを行うことで、自分好みの「デザイン」に変更する楽しみもあります。

一方で、中古住宅にはデメリットも存在します。まず、建物の「耐震性」や「断熱性能」が新築に比べて劣る場合があります。これらの点は購入前にしっかりと「検査」することが重要です。また、リノベーションを行う際には予算や「施工期間」を考慮する必要があります。さらに、住宅ローンの審査が新築に比べて厳しい場合がある点も注意が必要です。

中古住宅をどこで買うかも重要です。都市部では選択肢が多く、交通の便や「生活利便性」が高いエリアが魅力的ですが、価格が高いことが多いです。郊外では価格が安い反面、通勤や通学に時間がかかる場合があります。自分のライフスタイルに合ったエリアを選ぶことが成功の鍵です。

中古住宅購入の魅力

中古住宅の購入には多くの魅力があります。まず、新築住宅と比べて「価格」が圧倒的に安い点が挙げられます。これにより、予算に余裕が生まれ、リフォームやインテリアに投資することが可能です。また、立地条件が良い場合が多く、すでに整った「生活環境」が手に入ることも魅力です。特に「東京」などの都市部では、駅近や商業施設が充実したエリアに中古住宅が多く存在します。さらに、築年数が経過しているため、建物の「耐震性」や「耐久性」が実証されているケースが多いです。中古住宅の購入を検討する際は、信頼できる「不動産会社」を通じて物件を選ぶことが重要です。特に「東京中古一戸建てナビ」などの専門サイトを活用すると、より多くの選択肢から最適な物件を見つけることができます。

中古住宅購入のリスク

中古住宅を購入する際には、いくつかのリスクが存在します。まず、建物の「老朽化」が挙げられます。築年数が経過した物件では、外壁や屋根の劣化、配管の錆びなどが問題となることがあります。次に、購入後の「修繕費用」が予想外に高額になることも少なくありません。特に、見えない部分の劣化や不具合は、購入前に気づきにくいため注意が必要です。

また、立地条件も重要な要素です。中古住宅は新築に比べて「価格が安い」ことが魅力ですが、周辺環境や交通の便が悪い場合、生活の質に影響を与えることがあります。さらに、近隣の治安や「騒音問題」も確認しておくべきです。

最後に、購入手続きや契約内容に関する「トラブル」もリスクの一つです。不動産業者や売主との交渉が難航することがあり、契約書の内容をしっかり確認することが必要です。信頼できる「宅地建物取引士」に相談し、安心して中古住宅を購入することが大切です。

中古住宅購入の知識とノウハウ

中古住宅を購入する際には、まず「立地条件」を重視することが重要です。特に、交通の利便性や周辺の生活環境を確認しましょう。次に、物件の「築年数」や「構造」をチェックし、耐震性や断熱性能を確認する必要があります。また、リフォームの必要性も考慮に入れ、予算に余裕を持つことが大切です。

物件探しは、不動産ポータルサイトや「不動産会社」のウェブサイトを活用するのが一般的です。現地見学も欠かせません。実際に足を運び、物件の状態や周辺環境を自分の目で確認することで、より具体的なイメージが掴めます。

契約前には、重要事項説明をしっかり受け、疑問点をクリアにしておくことが肝要です。特に、過去の修繕履歴や「管理状況」についても確認しておくと安心です。中古住宅購入は、新築に比べて費用を抑えられる一方で、細かな注意が必要です。信頼できる「専門家」のアドバイスを受けながら、慎重に進めることが成功の鍵となります。

中古住宅購入のための3つのポイント

中古住宅を購入する際のポイントは、まず「立地選び」が重要です。交通の便や周辺の生活環境を確認し、自分の生活スタイルに合う場所を選びましょう。次に「物件の状態」をチェックすることが欠かせません。建物の劣化具合や修繕履歴を把握し、必要なリフォーム費用を見積もることが大切です。最後に「価格交渉」がポイントです。市場価格を調査し、適正価格での購入を目指しましょう。これらのポイントを押さえることで、満足度の高い中古住宅購入が実現します。

中古住宅購入時のよくある質問

中古住宅を購入する際には、多くの方が「どこで買う」べきか悩むことが多いです。まず、物件の立地は非常に重要です。通勤や通学の便を考慮し、駅やバス停へのアクセスが良い場所を選ぶと生活が便利になります。また、周辺の「治安」や「環境」も確認しましょう。次に、物件の「状態」もチェックポイントです。築年数やリフォームの有無、構造などを詳しく確認し、専門家による「インスペクション」を受けることをおすすめします。さらに、購入後の「維持費」や「修繕費」も考慮に入れておくと安心です。最後に、信頼できる不動産会社を選びましょう。経験豊富な担当者がいる会社を選ぶことで、スムーズな取引が期待できます。

まとめ:中古住宅の購入を成功させるために

中古住宅の購入を成功させるためには、まず「信頼できる不動産会社」を見つけることが重要です。不動産会社の選定では、口コミや実績をチェックし、専門知識を持つ「宅地建物取引士」が在籍しているか確認しましょう。また、物件の状態を正確に把握するために、プロの「ホームインスペクション」も活用することをおすすめします。購入前には、周辺環境や交通アクセス、将来的な「リセールバリュー」も考慮することが大切です。特に「東京」での中古住宅購入を検討している場合、地価の動向や地域特性を理解することが成功の鍵となります。最後に、購入後の「リフォーム」や「メンテナンス」費用も予算に組み込むことで、安心して新生活をスタートできます。
 


 

おすすめコラムはこちら

中古住宅の値引きはどれくらいできるのか?|お役立ちコラム|東京中古一戸建てナビ (chukokodate.com)

不動産業者が教えたくない 仲介業者の変更について~良い不動産業者と悪い不動産業者に見分け方~|お役立ちコラム|東京中古一戸建てナビ (chukokodate.com)

シンボルツリー選びの秘訣!あなたの庭に最適な木は?|お役立ちコラム|東京中古一戸建てナビ (chukokodate.com)


著者情報

宅地建物取引士 刈田 知彰

      (かりた ともあき)

ハイウィルでは主に不動産の仲介をさせて頂いております。刈田です。

私が不動産業界に飛び込んでから早16年が過ぎました。最初に入社した会社は新築マンション・新築戸建ての企画・開発・販売までを行う会社でした。そこで新築マンションや新築戸建てのノウハウを学び営業してきました。当時の私は何の考えもなしに、中古は「保証もないし」「リスクが高い」と中古のデメリットのみを説明する営業ばかりをしてきました。あるとき自分の間違えを受け入れ、これからの日本は新築住宅が脚光を浴びるのではなく中古流通×性能向上リノベーションが日本の住宅市場のスタンダードになっていくと確信し、現在は大正八年創業のハイウィル株式会社で中古流通×性能向上リノベーションをメインに物件のご紹介をさせて頂くようになりました。とはいえ今はその狭間の時代となり、新築住宅も中古住宅どちらにも重要があり、ご紹介させて頂いております。

新築戸建てから中古戸建てのことならなんでもご相談ください!

著者情報 刈田知彰

「性能向上リノベーション」をこれからされる方は「増改築.com」へ
増改築.comでは買ってはいけない中古住宅と買っていい中古住宅とは?|戸建フルリフォームなら増改築.com® (zoukaichiku.com)を解説しております。

会員様限定の「非公開不動産」を閲覧したい!カンタン無料会員登録

現在160件ご紹介可能!

売主様のご要望で一般には公開していない
「非公開不動産」を会員様だけに限定公開しています。

今すぐ無料会員登録